お知らせ

イベントメニュー



インラインスキーとは

インラインスケートで行うスキー回転競技です。
スタート地点からゴール地点までを見渡せる特設コース。

傾斜地でのインラインスキーテクニックを存分に発揮できます。

タイムスケジュール・集合場所

1人2本測定できます。
それぞれ、決められた時間帯にスタート地点に集合してください。

  • 1本目 9:00〜11:00
  • 2本目 11:00〜12:15
  • 2本目 12:15〜12:30 (TOP10ライダーのみ)

どちらか片方の時間帯に1人で2本滑ることできません。
また、終了時間になりますと、列に並んでいても滑走できません。
空いている時間に、早めの滑走をお願いします。

TOP10ライダーの2本目計測

1本目のタイムが全選手の中で上位10までの方をTOP10ライダーとします。
※この順位は全クラスを通したもので、クラス分けは考慮されません。

TOP10ライダーの2本目の計測は12:15(通常選手の2本目終了時間)から行われます。
10位から1位の順に順次滑走するリバーススタートで行います。

このタイムは通常の2本目として、扱われます。

TOP10ライダーは、2本目計測スタートまでに本部前に掲示するとともに、放送でお知らせします。
TOP10ライダーになった方は、12:00までにスタート地点付近にお集まりください。

出場条件

事前エントリーでBコースを申し込んでいる方が参加できます。

クラス 対象
ジュニア男子 小学生以下
ジュニア女子 小学生以下
チャレンジ男子 中学生以上
チャレンジ女子 中学生以上
オープン男子 中学生以上
オープン女子 中学生以上

コース詳細

スタート地点から3旗門程度が傾斜地で、それ以降はフラットな直線コース。
スタート地点からゴール地点までが見渡せ、ゴールに近づくにつれコース幅も広くなる
見通しの良い直線のSL旗門15〜18本のコース。

ルール詳細

スターターの合図の後、自分のタイミングで足元のバーを倒してスタート、 ゴール判定は光電管になります。
計測器にトラブルがあった場合は、再度チャレンジしていただきます。
※計測器のトラブル以外での再チャレンジは認められません。

可倒式ポールを通過の為に倒すのは構いませんが、またぐと不通過となります。
また、ポールの通過方向にご注意ください。
不通過の場合、戻って通過しなおせば、失格にはなりません。

表彰

クラス毎の3位までを表彰し、副賞が供与されます。
クラスの優勝者には金メダルが贈呈されます。

プロテクター装備規定

  • 全てのクラスで、ヘルメット/ニーパッド/エルボーパッド/リストガード(グローブ不可)の装着が必須です。
    ※装着のない場合、レースに出場できません。
  • ストックの使用も認めます。その場合、リストガードはグローブでもかまいません。
  • 危険防止のため、ストックの先端には、石突ゴムキャップの装着が必須です。

注意事項

ゼッケン

ゼッケンは、背中と右腿に装着してください。

コース横断ポイント

コースの関係上、スタート地点へは、階段を上る必要がございます。
警備スタッフの指示に従い、安全に移動してください。
歩行者と接触など起きぬよう、ストックの扱いなどにも十分ご配慮ください。

プリンタ用画面